読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カグの樹の脚

つばめ綺譚社の紺堂カヤの小説『カグの樹の脚』を連載形式で順次公開してゆきます。

連載第四回 友だち

 丘は、半分ほど上がると、木々が深く林になっているところと、開けて原っぱが広がっているところに分かれる。ペシェとメロはいつも、原っぱの方で足を止めていた。メロはよく、ここで写生をする。

「じゃあ、あっちの、木が多い方にはあまり行かないんだ?」

「うん。薄暗いし、それに、あっちの方が少し傾斜が急なんだ。僕らはほとんど行ったことがないし、他の子もあまり行かないと思うなあ……」

「ふうん。じゃあ俄然、あっちに可能性があるってことね」

 モモは迷わず、林の方へ向かった。さっきまで先に立って歩いていたペシェだが、またしてもモモを追う形になる。これでは案内にならないのではないかと思うのだが。

「何かを探すことにかけちゃ、あたしの方が慣れてるからこれでいいの」

 ペシェの心中を読んだように、モモが笑った。無邪気なようで、けれど妙に大人びていて、やはり不思議な印象は変わらなかった。何者なんだろう、と、もう何度目かの疑問を浮かべて、けれども、直球で尋ねて答えてくれるとも思えなかった。

「ねえ、モモは……、いくつなの?」

「変化球で攻めたつもりかもしれないけど、女性に年齢を訊くってどうなのー?」

 完全に意図がばれていたこともそうだけれど、無作法さも指摘されてペシェはぐう、と喉を鳴らした。モモはあはは、と昨日出会ったときのような笑い方をした。

「17歳プラス3歳」

「……20歳、ってことだよね?」

「ちがーう!17歳プラス3歳!そこ間違えないで!」

「違わないだろ……」

 女の人ってどうしてこう、若さにこだわるんだろう、とペシェは自分の母親を思い出して首をひねった。

「違うの。…………もう、三年も経ってしまった」

 後半は、ほとんど独り言のようだった。モモの快活な表情に一瞬陰りが見え、ペシェはその淡い変化に見惚れた。その途端に。

「うわっ!」

 樹の根に躓いてしまった。すかさず、モモが手を貸してくれたが、そうでなければ顔面から倒れ込んでいたかもしれない。

「大丈夫?気をつけて……あ」

 ペシェを気遣うモモのセリフが、不自然に途切れた。

「何?どうしたの?」

 起き上がりながら、モモが指をさす方を見ると。生い茂る木々と同じ色の壁を持つ、小さな小屋が見えた。

「うっそぉ……。こんな簡単に見つかっていいのかな……」

「そういうこと言わないのー。いいじゃない、見つかりゃいいの、見つかりゃ。まだあそこに透明な絵具があるかどうかはわかんないんだから」

 モモが小屋の方へ行くのを追いながら、だからその透明な絵具ってのは何なんだよ、とペシェは口の中で呟いた。それを見つけるのが、モモの仕事らしいことは、推察できるにしても。

 小屋、と呼ぶにはしっかりした作りだが、家、と呼ぶにはいささか簡素なその建物は、中に入ってみるまでもなく、誰も住んではいなさそうだった。小屋の脇には、土と煉瓦をこんもりと盛ったものがある。

「あれ、何だろう……、パン焼き窯かな」

「窯は間違ってないと思うけど、パンじゃなくて陶磁器の窯じゃないのかな」

 モモは小屋のドアに耳をそばだてて中をうかがった。

「うーん、長いこと誰も入っていないような感じだけど」

 モモが一応、という感じでノックをするが、返事はない。ドアに対して体をナナメにして、そろり、とノブを引くと、ドアは難なく開いた。すう、と暗闇に埃が立ち上るのがわかる。だが、ドアの向こうがどうなっているかは、ここからはとてもわかりそうになかった。

「ペシェ、とりあえずここにいて。ちょっと中、見て来るから」

「う、うん」

 咄嗟にうなずいてしまってから、自分の情けなさに歯噛みした。小屋の中の、とても昼間とは思えない暗さに気おくれしてしまったのである。

 モモは滑り込むようにドアの向こうへ入って行った。ペシェは、そのドアに身を寄せて、細く開いた隙間から、そろそろと中を覗き込んだ。真っ暗な中でも、モモが動いているらしい気配はわかって、だんだん目が慣れてくると、小屋の中に何があるのかおぼろげにわかってきた。牛の乳搾りに使うような低い椅子の周りに、筆や刷毛や、使い道のよくわからない道具が転がっている。奥の方には、何か同じ形のものがいくつも並んでいるらしいのが見えた。上部が細くなっていて、下部にいくほど丸みを帯びた形状は、壺に見えた。外にあった窯で焼いたものなのだろう。いや、焼く前のものだったのかもしれないが。

 もう少しよく見たい、とドアの開く加減を広くすると、壺らしきものが、きらりと光ったように見えた。

「えっ」

 それが見知った模様に思えて、ペシェは暗闇への恐怖も忘れて小屋の中へ飛び込んだ。すると、踏み出した右足が、がくん、と嫌な感じに沈む。

「えええーーーっ!?」

「ちょ、ペシェ!!」

 床下へ沈まんとするペシェを、素早く駆けつけたモモがすんでのところで引き上げる。けれども引き上げた反動で、今度はモモが、ペシェが踏み抜いてしまった床の穴へ落ちて行った。

「モモ!!」

 引き上げられ、というよりは放り上げられるようにして床の上へ投げ出され、ペシェは仰向けに転がって後頭部をしたたかに打った。痛むのをさすることもせず、すぐ身を起こすと、穴のふちに取りすがるように腹ばいになった。

「モモー!?」

 穴を覗いたペシェの目の前を何か細いものが飛んで行って、ドス、びよん、という音をたてて天井に突き刺さった。

「ええ!?」

「ペシェ顔出すな!伏せて頭抱えてな!!」

 叫び声と共に、モモが床の穴から飛び出してきた。ごろごろ、と床を転がり、ペシェよりも小屋の奥へ行ったところ、壺が並んでいる少し手前で止まった。

「危なかったぁ」

 はーっ、と深く溜息をついてむくり、と身を起こす。良かった、動けるんだ、とペシェは胸を撫で下ろした。

「ペシェ、怪我はない?」

「うん、大丈夫。ごめんなさい、僕、外にいろって言われたのに……」

「あー、うん、まあ、そこは反省していただいて構わないけどね、でもペシェ、あんた見事に大当たりを案内してくれたよ」

「へ?」

 ぽかんとするペシェに、モモは笑って天井を指さした。天井には、竹ひごを随分と太くしたようなものが突き刺さっている。さっき、ペシェの目の前を飛んで行ったものらしかった。

「え、あれ、もしかして、矢!?」

「そうそう。この床下に着地すると発射されるように仕掛けがしてあったみたい」

 モモは事もなげに言うが、ペシェは本の挿絵以外で矢なんてものを見るのは初めてだ。驚きで目を白黒させながら天井とモモを交互に見て、そして、モモの長いブーツにも天井のものと同じ矢が突き刺さっていることに気がついた。

「モモ!!」

「ん?どうした?」

「どうした、じゃないよ、矢が!あ、足に!」

 ペシェは慌ててモモににじり寄った。床を踏み抜かないように、今度こそは気をつけて、であったけれど。

「ああ、そうだった。この部分で助かったけど、これまたクイーンに怒られるんだろうなー」

 左足の、ふくらはぎの部分に刺さった矢を見おろして、モモはのんびりそんなことを言う。

「うわ、結構深く刺さっちゃったなあ。ペシェ、ちょっと脚押さえててくれる?」

「え、ええ?うん……」

 怪我をしている本人であるはずのモモがあまりに冷静であるために、ペシェもなんとなく気がそがれてしまって、言われるままに、モモの左足を押さえた。と、その感触に息を飲む。

「よいしょ!」

 掛け声と共に、矢を引き抜いたモモの顔を、ペシェは凝視してしまっていた。

 モモの、足は、石のように硬かった。とても血が通っているとは思えない硬さだった。

「心配いらないよ。あたしの脚、義足だから。膝から下が、両脚ともね」

「あ……」

 ペシェが言葉を探して固まっている間に、モモは引き抜いた矢をぽいっと捨てて立ち上がった。凛々しい横顔。強がっているのではなく、本当に心配はいらないようだ。風もないのに、サッと、爽やかな香りがペシェの鼻をくすぐった気がした。

「仕掛けがしてある、ってことは、何か大切なものを隠してる可能性が高い」

「なるほど……。でも、これ以上の危険な仕掛けがしてある可能性も」

「あるね、もちろん。だから、ペシェ、今度こそ小屋から出て待っててよね」

「う、うん」

 モモの背後に目をやりながら、ペシェはうなずく。思わず小屋の中に飛び込んだ理由を思い出した。

「ドア、できるだけ大きく開いておいて。で、何が起きても何が聞こえてきても、中に入って来ないように!いいね?」

「な、何が起きてもって……」

 何が起きるんだよ、とペシェは息を飲んだ。これ以上の危険な仕掛け、と言ったのはペシェではあったけれど、矢が飛んできた時点で充分予想外だったのだ。

「だーいじょぶ、死にゃあしないわよ、あたし異世界人だし」

 モモは快活に笑った。異世界人って不死身と同義語だっけ、と疑問に思わないことはなかったが、不思議とこの場面では、それが一番納得できる理由のような気がして、ペシェも、笑った。

「じゃ、よろしく!」

 モモは、床の穴に下りて行った。ペシェはずらずら並んだ壺の中からひとつを引っ掴んでから、床を新しく踏み抜いてしまわないように気をつけて小屋を出た。薄暗いところに長くいた所為だろう、外が異常に眩しく思えて目を細める。言われた通りにドアを全開にする。埃で白くなっている床は、ペシェとモモが歩いたり転げまわったりしたところだけ板の色を取り戻していた。そして、タライくらいの大きさの、穴。

 何の役にも立たなかったな、と思って、ペシェはその穴をみつめた。今朝、モモから受け取った硬貨を引っ張り出して、握りしめる。この、60ベラを手にするだけの働きが、自分にできていたのかどうか。

 不意に、目の前が翳ったような気がして、ペシェは視線を上げた。真夏の昼過ぎ、一番暑い時間の空、吸込青。それが、だんだん視界の中でナナメになっていくような気がした。……気がして、気がつく。

 小屋が、傾き始めている。

「モモ!!小屋が崩れる!!モモ!!」

 めいっぱい開いたドアから、めいっぱい大きな声で叫んだ。

「ペシェ!受け取って!」

 穴から、モモのものらしき腕だけがのぞいたかと思うと、何かが投げられた。

「ええ!!」

 咄嗟に差し出したのは、小屋を出るときに引っ掴んできた壺。黄色い鳥が、翼を広げた模様の壺だ。投げられた何かは、壺の中へ綺麗に収まった。

「お上手ぅ!」

 ひゅう、という口笛が聞こえたかと思うと、モモが飛び出してきて、ペシェを壺ごと抱え、凄い速さで小屋から離れた。

「うわああ!?」

 すわっ、と体が浮いて、引っ張られるように、いや実際は抱えられていたわけだけれど、とにかく風のように、ペシェはそこから移動していて、次の瞬間には林を抜けたいつもの原っぱに立っていた。

「はー、危なかった!」

 太ももに手を置いて、モモは大きく息をついていた。見たところ、どこにも怪我はなさそうだけれど、全体的に土埃に汚れている。

「な、なに今の……」

 茫然と呟くと、モモはそれには答えずニヤリ、として、速かったでしょ、と言った。

「あ、そうだこれ」

 ペシェは抱えていた壺の中から小さな赤い箱を取り出す。モモが小屋の穴から投げたものだ。

「ありがと!いやー、ホント助かったわ、ペシェ。あそこで叫んで知らせてくれなきゃどうなってたことか」

「あ、いや」

 本気の調子で感謝されて、ちょっと面映ゆい気持ちになる。同時に、凄く満たされた気持ちにもなった。

「透明な絵具、あったの?」

「あったの」

 モモは嬉しそうに箱の中をちらり、と見せてくれた。緩衝剤としてなのだろう、おがくずが詰まったところに、小さな小瓶が入っていた。

「ところでペシェ、その壺何よ?」

「うん、さっきの小屋に並んでたのを、一個持ってきちゃったんだけど……、これさ、割れた学校の壺と同じだったんだ」

 あの小屋、いや本当はアトリエと呼ぶべきなんだろうか。あそこで作られたものだったのだ。

「あのさ、だからってわけじゃないんだけど……、これ、返すよ」

 ペシェは、60ベラを手のひらにのせてモモの前に差し出した。

「僕、何の役にも立たなかったし……」

「そうなの?」

 少し、視線を落としたペシェに、モモが静かに尋ねた。そうなの?役に立たなかったからって、お金を返すの?

 ペシェは、顔を上げた。営業スマイルではない笑顔を、モモに向ける。

「モモの仕事を手伝ってあげたのは、モモの友だちだからだ。友だちからお金をもらうのは、おかしいからね」

 モモは、にっこりした。ペシェに向けた、自然な笑顔だ。

「うん。そういうことなら、返してもらっとく」

 硬貨が、モモの手に渡ったとき、ペシェは、唐突に、モモとはここでお別れなんだ、とわかった。わかったけれど、訊かずにはいられなかった。

「ねえ、モモとはもう会えないの?」

「んー、結構高い確率でまた会えると思うよ?なんか、あたし、ココと相性いいらしいしさあ」

 小首を傾げて、そんな、よくわからないことを言ったあとで、モモはそれに、と付け加えた。

「友だちなんだから」

「……うん、そうだね」

 その理屈も結局よくわからないと思ったけれど、ペシェはうなずいた。

 

 

* * *

 

 

 モモは、充分な助走をつけて、空へ跳び上がった。

 すわっとした浮遊感。

 目の前が、ぐうん、と開けた。

 空(そら)を駆けながら、小瓶の口を開けて、空(くう)を撫でるように手を動かすと、小瓶の中の透明な液体は、じわじわと、青く染まった。深い深い、青に。

「吸込青の絵具、入手完了」

 風のように囁いて、モモはさらに高く空を駆けた。

連載第三回 ドーナツとネクターと

 近道と言ったのは嘘ではないけれど、脇道を選んだのには別の理由もあった。丘に向かうにはペシェが通う学校を越えて行かなければならない。通学路になっている大きな道の周囲は、同級生たちに出会う確率が高かった。できるかぎり、遭遇は避けたい。

 どんなに避けても一度は出なくてはならない道ではあるのだが。

 その道へついに出たとき、ペシェは我ながら不自然と思えるほど周囲をきょろきょろと気にしていた。ちょっと考えてみれば、とっくにどこかで見られていたとしても不思議ではなかったのだから、今更気にしても仕方がないと言えば仕方がないのだが、一度気になってしまうと途端に不安になるものだ。

「ちょっと待って」

 モモにそう呼び止められたとき、その不審な様子を見咎められたものと思って、ペシェの背中は強張った。

 けれども、そんな心配をよそにモモは道の脇の屋台に近づいて行くと、茶色い袋をふたつとネクターが入っているらしい瓶を2本抱えて戻ってきた。ひとつをペシェに差し出す。

「はい。お腹空いてきたから」

「え、でも……」

「いーから。案内中の食事代は必要経費よ、雇い主が持つもんなの。それとも歩きながらの食事は嫌ってこと?」

 ペシェは首を横に振って、袋を受け取った。あたたかい。中身は、じゃがいもドーナツだった。懐中時計くらいの大きさの、平たい円形のドーナツが、一袋に5個。ひとつ取り出して齧りつきながら、ペシェとモモは再び歩き出す。

「なかなか美味しいね、これ」

 モモは満足そうである。パニーでは一般的な軽食だが、よそでは違うのかもしれない。そもそも、本当に、モモは何者なのだろうか。異世界人、だなんていうのはペシェをからかうための言葉だったのに違いないけれど、それにしても。

 ペシェがその問いをモモに投げかける前に、モモの方からペシェに問われた。このタイミングを待っていた、いや、待っていてくれたんだろうというのは、ペシェにもわかった。

「で?300ベラが必要な本当の理由って何?」

「げほっ」

 ここでじゃがいもドーナツを喉に詰まらせてむせてしまった時点で、ペシェの敗北は決まっていたようなものなのだが、悪あがきをせずにはいられない。

「ほ、本当の、って……。だから僕は」

「日常的に働いてる者は、あんな穴だらけの契約で仕事請け負わないっつの。いくら子どもでもね。軽々しく生活のため、とか言うんじゃない」

 ぴしゃりと一蹴されて、ペシェは一言の反論もできずに黙った。

 黙って……、夏休みに入る直前の出来事を思い出した。

 物が壊れる、絶望的に美しい音。初めて間近で見た、人の顔がみるみる蒼白になっていく様子。

「……学校の、玄関の壺を割ったんだ。だからそれを、弁償しなくちゃいけないんだ」

 それだけを言って、ペシェはじゃがいもドーナツをもうひとつ食べた。モモはそれに対して何を言うわけでもなく、自分もドーナツを食べ続けた。

 丘が近くなるにつれて民家はまばらになり、道も舗装されたものではなくなっていく。デコボコした地面の細い道を、ペシェのひざ下あたりまで青々と伸びた夏草が縁取っていた。

 ペシェがドーナツを食べ終わったのを見計らって、モモがネクターの瓶を差し出した。甘いネクターはよく冷えていて美味しかった。

 ふと横目で眺めると、モモも美味しそうに瓶に口をつけていた。このひとは本当に、何者なのだろうか、とペシェはまた思った。また思って、けれど今度は、何者でも構わない気がした。

「掃除当番だったんだ」

 呟くように、ペシェは話し出していた。

「僕と、メロと、ポムとノイエの四人で、学校の、来客用の玄関の掃除当番だったんだ」

 来客用の玄関は校長室の脇にあり、児童生徒が利用することのない、つまりはペシェたちが普段まったく近寄ることのないところだった。長期休みの直前にだけ、児童生徒に割り当てられることになっている掃除場所で、四人の少年たちは妙にはしゃいでいた。いつもメロをからかってバカにしているポムとノイエのことを、ペシェは良く思っていないのだが、あまり気にならなくなるくらいには、気持ちが浮き立っていた。

 来客用の玄関はとにかく魅力的だった。扉は飴色の高級そうな木材でつくられていたし、天井にはタイル細工で百合の花が描かれていたのが実に見事だった。それに何より、玄関を入った正面には飾り棚があって、蝶の標本箱とか、年代物のランプとか、ペシェたちの興味をそそるものがたくさん置いてあったのだ。

「そこではしゃいで、飾り棚にあった壺を割ってしまった、というわけ?」

 モモは、なんだか納得できない、というような声を出した。ペシェはゆるく、首を横に振った。その言い方は間違いではないけれど、正しくもない。

「ポムとノイエがあまりに騒がしかったんで、先生が、飾り棚のものは僕とメロで磨くように言いつけたんだ。ポムとノイエは、掃き掃除をするように、って。それが気に入らなかったんだと思う。先生が立ち去ってから、やつら、箒をおおげさに振り回し始めて……」

 下手に取り合えば刺激するだけだとわかっていたから、ペシェはできるだけ二人を無視して飾り棚の掃除に集中した。が、振り回されている箒がいつこちらに向けられるか、標本箱やランプをなぎ倒してしまわないかと気が気ではなかった。

 そして、全然相手にされないことに苛立ったノイエが、メロに向かって箒を振り上げたときに、それは起こった。

 メロが驚いて、よろめいた拍子に、壺に肘が当たって床に落ち、砕け散ったのである。黄色い鳥が翼を広げている様子が描かれた壺だった。

「メロは少し、足が悪いんだ。それをわかっててやったんだから、絶対にノイエが悪い。なのに、壺が割れたのはメロがとろい所為だ、なんて言うから」

 壺が割れたのを見て、メロの顔はみるみる蒼白になっていった。それを見て、ノイエは笑っていた。ペシェにはそれが、何よりも邪悪な笑顔に見えた。ペシェの頭に、カッと血が上った。

 いつの間にかポムが先生を呼びに行っていたらしく、駆け付けられたときには、メロは割れた壺の目の前で茫然としており、ペシェは……、ノイエに馬乗りになって殴りかかっていた。

「あーあ……。そりゃまたマズいタイミングだったね」

 モモが顔をしかめる。

「で、その壺の弁償代が300ベラ?」

「うん……。先生は、メロの親に知らせる、って言ったんだ。だけど、それだけはやめてくれ、って頼んで……。僕が必ず弁償するから、って。古道具屋で、同じ壺を売っているのを見たことがあったから」

 メロの家は、メロの足の治療費を出すために、家族総出で働いている。壺のために300ベラ出して欲しいなんて、メロにはとても言えないに違いなかった。

「メロはひょこひょこ、つっかえたようにしか歩けないから、ポムやノイエはいつもそれをバカにしてたんだ。でも!走れなくても、泳げなくても、メロはあいつらの誰よりも賢いし、優しいし、それに、絵が上手なんだ!だから、だから……」

 不意に泣きそうになって、ペシェは唇を噛んだ。感情が高ぶっているのが自分でもわかった。

「大事な友だちなんだね、メロは」

 モモが、静かに言った。偉かったね、と褒めることもなく、そんなことまでしなくても、と呆れるでもなく、壺を割ったことを叱るでもなく、ただ、そう言った。ペシェは、黙って深くうなずいた。

「よぉっし。じゃあ張り切ってその300ベラ、稼いでもらおうじゃないの!」

 モモが大きな声を出したすきに、ペシェはこっそり鼻を啜りあげた。

「うん」

連載第二回 透明な絵具

 翌日の朝8時ちょうどに、時計広場へ行くと、モモはすでにやって来ていた。ペシェの顔を見るとちょっと眉を動かしたが、何も言わなかった。昨日の、親しげな感じとは随分違う。

「おはよう……」

「おはよう」

 挨拶は返してくれたので一応は安心して、ペシェは営業スマイルというやつをやって見せた。昨夜、鏡の前で何度も練習したのだ。それに、観光スポットもチェックしてきた。自分の街の観光スポットというのは案外、知らないものだな、と思ったものである。

「さあ、モモ!どこへ行きたい?一番のおススメは展望台、それから噴水広場だよ!」

「……この街に画家はいない?もしくは、工芸工房」

「画家……?」

 モモはごく平坦に言った。ペシェは戸惑いつつもそれについての代案を考える。画家の知り合いなどいない。

「えっと、絵が見たいなら、美術館が、噴水広場の近くに……」

「美術館じゃダメ。画廊とか、ペンキ屋でもいいわ、知らないの?」

「ペンキ屋、っていうか……、看板工房なら……」

「じゃあ、とりあえずそこでいい。案内して」

「え、でも」

 何が目的で、と尋ねようとしたペシェを遮るように、モモは腰のポーチから硬貨を取り出して見せた。

「とりあえず、今日の分として60ベラ前払いしておく。残りは無事に五日間が終了してから。日払いが良ければ毎日60ベラずつ払ってもいいけど。どっちにする?」

 ごくっ、と喉を鳴らして、モモの手のひらの上の硬貨をみつめた。親から、お小遣いとしてもらう以外で金を手にするのは初めてだ。おそるおそる受け取ってから、ペシェはモモの顔を見ることなく答えた。

「残りは最終日にもらいます」

「……あ、そ。じゃ、行きましょう。どっち?」

 硬貨をしっかりと鞄にしまって、ペシェは先に立って歩き出した。看板工房は裏通りを抜けたところの、工場街にある。

 裏通りは煉瓦製の建物が隙間少なに建っている所為か、薄暗くて真夏でもひんやりしている。恐ろしい、という印象はないものの、用もなく一人でうろうろしたくはないところだ。けれど、たとえ二人で歩いていたとしても、その二人の間に会話がなければ一人で来た方がマシというものかもしれない。

 モモは、一言も発することなく前を行くペシェについて来た。ペシェは、街の観光スポットを紹介するセリフでその沈黙を破ろうかと思ったが、気まずさに飲まれて声を発することができなかった。そもそも、こんな裏通りで観光スポットの紹介もないものだ。

 昨日出会った時には明るくて、どちらかというとおしゃべりな人、という印象だったのに、今日は様子が随分と違う。第一印象があてにならない、というのはこういうことなのだろうか。

 そうして沈黙が保たれたまま、裏通りを抜ける。太陽の光をたっぷり受けた、広々とした通りに出た。道には舗装がなく、馬車の轍がくっきりと見えた。

「その、角から三つ目だよ」

「工房の人の中に、知り合いはいる?」

 ペシェは首を横に振った。場所の案内はできたけれど、ペシェ自身は工房とは何の付き合いもない。何度か工房の前を通ったことがある程度なのだ。知り合いはおろか、挨拶をしたことのある人がいるかどうかも怪しい。

「そう」

 モモはさして問題はない、と言うようにうなずいて、どんどん工房目指して歩いて行った。ペシェは慌てて小走りにそれを追う。

 工房の広い入り口は開け放たれていて、通りにまでペンキの臭いが流れていた。覗き込まなくても刷毛を持った職人たちの仕事ぶりが見える。

 戸口、というよりは道と工房の境目に立って、モモは職人の中でも一番年かさの男に声をかけた。

「ごめんください」

「はい?」

 振り向いた男は丸顔で、少し白髪の混じった口髭をたくわえていた。モモを見て、少し驚いたような目をする。

「ちょっとお尋ねしたいんですけれど、こちらで使われているペンキ類は、どちらで仕入れていらっしゃるんでしょうか」

「どちらで、って、問屋からまとめて仕入れてるんだけど」

「ここで作ったりはしてないんでしょうか」

「ペンキを作るのは無理だなあ。俺たちゃ、ペンキを塗るのが仕事だから。ペンキを混ぜて色を作ることは、よくあるけどよ」

 モモは、ふむふむ、といかにも興味深い、というように熱心な表情で聞いている。

「一番良く使う色は、何ですか?」

「んー、そうだなあ、今年は赤かねえ。毎年、流行が違うんだ」

「なるほどー。……透明、というのは、どうなんですか?」

「透明?」

 男が怪訝そうな顔をする。モモはどこまでも熱心そうな、邪気のない笑みのままだった。

「はい。透明なペンキ、っていうのはないんですか?」

「あっはは、お嬢ちゃん、透明、というのは色に入らねえんだよ。仕上げに塗る、上掛ニスなら透明だが、あれはペンキじゃないからなあ」

「あ、そっか!」

 男がうはは、と大きく笑って、周囲で作業をしていた職人たちも笑った。

「すみません、あたし、何も知らなくて。あの、もしよかったら、その問屋さんの場所を教えていただけませんか」

「いいけど、あそこは小売りしないかもしれないぞ?つーかお嬢ちゃん、ペンキで何すんだ?」

「自分の家の壁を、塗りなおそうかと思って」

「へえ?自分で?」

 片眉を持ち上げて笑顔を作ると、男は工房の奥から薄い冊子を持ってきてモモに手渡した。

「これ、その問屋のカタログだ。内容は古いんで役に立たねえけど、住所は変わってないから、いいよな?」

「はい、充分です。ありがとうございました」

 ぺこり、と深々お辞儀をするモモに、職人たちがにこにこ手を振る。壁塗り失敗したらまた来いよー、とか言う声に、モモも手を振りかえして、工房から離れた。

 ペシェは、その一部始終をただ突っ立って眺めていた。モモが歩き出すのを、慌てて追う。

「ダメか。まあ、最初から上手くはいかないよね」

 工房で話していた声よりもだいぶトーンを落としてモモは呟き、ペシェを振り返ってカタログの住所のページを見せた。

「ここ、わかる?」

「あ、うん……。番地、わかんないけど、近くまでは」

「じゃ、よろしく」

 短く言うとまた背を向ける。ペシェはムッとして立ち止まった。この態度の変わりようは何だというのか。あまりにもひどい扱いではないか。

「……どうしたの?案内してよ」

 ペシェが動こうとしないのに気がついて、モモが振り返った。

「自分の家の壁を塗りなおす、なんて嘘なんだろ」

「……そうだけど?それが?」

 平然と言い返されて、ちょっと詰まった。ペシェが引っかかりを感じているのは、本当はそこじゃない。

「う、嘘つきの案内はできない。何が目的でパニーに来たのか、最終的にどこへ案内させようとしてるのか言ってもらわないと」

「それ、契約の条件に入ってたの?なんで最初に言わないわけ?」

「そ、それは……」

「お金払ってからそういうこと言い出すのはおかしいんじゃないの?」

 ペシェの苦し紛れのセリフは、モモの正論すぎる冷静さにすべて打ち返されてしまった。それでも、この扱いは不当だということだけは伝えたくて、声を大きくする。

「モモは不思議な人だけど、悪い人じゃないと思ったから案内を申し出たんだ!ここのこと何もわかってないみたいだったし、観光するにも困るだろうと思って……!たくさん、案内のセリフとか歴史とか、喋れるようにしてきたのに、なんかわけわかんないところにばかり!えらそうに命令するばっかりで僕の話を聞いてもくれないなんて、いくらなんでもヒドイよ!」

「……あのさあ」

 言いたいことを全部ぶちまけたペシェを見おろして、モモは溜息をついた。

「それの、なにがどうヒドイわけ?」

「なっ?」

 一蹴された。モモが両手を腰に当てる。

「そもそも、あたしは観光したいわけじゃないの。昨日も今日も、一言もそんなこと言わなかったでしょ?観光の案内しかしない、っていうんだったら最初にそう申し出ておくべきだったんじゃないの?あんたが言ったのは〝案内をする〟ってことだけ。どこをどう案内させるかは雇い主に従うべきでしょ。あんたがどんな準備をしてきたかなんて関係ないの」

「っ……」

 言い返す言葉が見つからなくて、ペシェは唇を噛んだ。そう、確かに観光だなんて一言も言わなかった。それは事実だけれど、それを持ち出すのはズルい気がして仕方なかった。けれども、ズルい、だなんて言ってしまうのはいかにも子どもっぽい。

 そのふてくされた様子を見て、モモがもう一度溜息をついた。

「いい?あんたはお金をもらってるの。今日の分、ちゃんと払ったでしょ?その時点であたしはあんたの雇い主なのよ。昨日、あたしが〝イイ人〟だったのは、旅の行きずりでちょっと会話するだけの関係のつもりだったから。雇わないか、なんて言って関係性を変えちゃったのはあんたの方。にこにこ仲良く観光案内、なんてことができると思ってたなら、それはあんたが甘いのよ」

 今度こそ、反論は思いつかなかった。ペシェはふてくされた顔のまま、モモを追い越して歩き出した。ここで投げ出せば300ベラは手に入らない。

 額に浮かんだ汗をぬぐって、さっきよりも大股に歩く。裏通りでは会話がないことを気にしていたけれど、今はむしろ話しかけないで欲しかった。

 ペンキ問屋は工場街からそう遠くないところにあるようだった。カタログの住所を頼りに歩いて行くと、倉庫ばかりが並ぶ通りへ出た。運河が近いためだろう、水の臭いが漂っている。

 この辺りのはずなんだけど、とペシェがきょろきょろしていると、後ろから腕を引かれた。振り向くと、モモが黙って指をさしていて、その先に積み下ろし作業をしている荷車が数台止まっていた。荷車の側面に書かれた屋号は、カタログのものと同じだった。

「ちょっと行ってくるね」

「えっ!?」

 さっさと歩いて行ってしまうモモを、ペシェはまたしても慌てて追う。こんなの、ただの地図代わりじゃないか、と胸中でぼやいて、ハッとした。そうだ、別にこのくらいのこと、誰かに道案内してもらわなくたって何とでもなるのだ。地図を買えば大抵の店舗は載っているはずだし、保安官の派出所で尋ねれば金もかからない。

 モモは、荷車の近くで休憩をしているらしい若い男に声をかけていた。

「えぇ?透明な絵具?そんなの伝説の代物でしょー」

 けらけらと軽い笑い声。男は深い緑色をしたサイダー瓶を手元で弄んでいた。

「そうなんですかー?でも、伝説になるってことは、それなりに話題になり続けてたってことですよね?」

「まあねぇ。画家とか陶芸家とか、いわゆる芸術家?みたいな人たちは随分欲しがってたみたいだよ」

 へええ、と目を輝かせてモモは、男の隣にごく自然にサッと座った。

「手に入れた、っていう人の話は、知らないですか?」

「それ、知ってたら伝説じゃないじゃん」

「そうですけどぉ」

「っていうか、透明な絵具って何なんだろうなあ?何の役に立つの?水でいいじゃん水で」

「芸術家にしか価値がわからないから伝説になったんでしょうかね?」

「あー、なるほど、それはそうかもなあ」

 うんうん、とうなずく男に、モモはどう言葉をかけるのだろう。もう少し、情報を引き出したいと思ってるらしいことは、ペシェにもわかった。と、ふと思いついたように男が再び口を開く。

「案外、今でも作ろうとしてる人はいそうだよねー。ほら、あの爺さんとか。丘の上にアトリエ持ってた……。あ、随分前に亡くなったんだったかな、そういえば」

「アトリエ?」

 モモが身を乗り出す。ペシェは少し首をかしげた。男が言うようなアトリエとやらがこの街にあっただろうか。そのとき、荷車の影から、上司らしき大柄な男が姿を現した。

「おい。休憩終わりだぞ」

「あっ、すんません」

 若い男は慌てて立ち上がると素早く荷車の向こうの倉庫の中へ入って行った。

「……あんた、どこの誰だか知らんが、仕事の邪魔をせんでもらえるかな」

 大柄な男は、モモをチラッと見おろすと、低い声でそう言って、自分も倉庫の中へ入って行ってしまった。

 モモはちょっとだけ、倉庫の中を窺うような目をしていたけれど、すぐに立ち上がってペシェに身を寄せた。

「行くよ」

 どこへ、と訊きかえす間もなく、モモは先に立って歩き始める。

 なんだよもう暑苦しいブーツ履いてさ、とペシェは胸中で悪態をついた。同時に、ここにまで来てまだ悪態をついている自分が、情けなくなった。

「あの大きな男の人の方が何かもっと詳しく知ってそうだったよね……。訊き出したかったところだけど、しょーがないか」

 足早に倉庫から遠ざかると、モモは肩をすくめた。適当なところで速度を落とし、ペシェがついてきていることを確かめるように、ちょっと振り返った。

「丘の上のアトリエ、ってどこだかわかる?」

 それについては、ペシェもさっきから考えていたことだった。アトリエ、という言葉自体、慣れないものであったし、そんなものがパニーの街にあるとも思えなかった。

「アトリエなんてものは、心当たりがないんだけど……、丘っていうのはたぶん、あそこのことだと思う……」

 あそこ、と言いながら、西の方角を指さした。子ども用のスープ皿を伏せたような形の、なだらかな丘だ。あの丘を越えると、そこはもう隣の街になる。

「ふうん……。今から行けば、まあ夕方までには戻って来られる距離か……」

「えっ、でも、あの丘にアトリエなんてないよ!僕、何度も行ったことがあるけど、そんなの見たことないよ!」

「絶対にない、と言えるほどペシェはあの丘に詳しいの?」

「そ、それは……」

 そう切り返されると言葉に詰まる。確かに、絶対にないとは言い切れない。丘には何度も遊びに行ったことがあるけれど、大抵は頂上まで行かずに帰ってきていたし、丘を越えるとそこはもうパニーではない、ということがペシェを気おくれさせて、頂上から向こうへは行ったことすらないのだから。

「行ってきちんと調べてみないことには、納得できないよねー。今のところ、手がかりこれしかないし」

「っていうかさ、さっきから何なの?透明な絵具っていうのは」

「ナイショ。仕事だから」

 モモは涼しい顔でそれだけ言うと、西に向かってさっさと歩き出す。

「丘への案内は、できない?」

 視線だけでペシェを見た。その黒い瞳が、きらりとした。

「できるよ!」

 ムッとして、ペシェは必要以上に顎を上げた。ずんずんモモを追い越して、脇道に入る。

「こっちの方が近道だ」

「さすが」

 モモは今日はじめて、ペシェに向かって笑った。

 

 

 

※次回の更新は11/20の予定です。

連載第一回 空からおりてきた少女

 

 吸込青(すいこみあお)、という色がある。

 

         

f:id:kayakon:20161020115010j:plain

 

 真夏の昼過ぎ、いちばん日差しの強い時間の、入道雲のむこうに広がる空の色である。ほかの色という色を、すべて吸い込んでしまった深い、深い青は、空を見上げる者の視線を捕らえる。

 古代よりこの色は人々の心を動かし、手に入れたいと渇望させた。絵画に、陶磁器に、織物に、とあらゆる方法で再現しようと躍起になったが、いまだ成し遂げられていない。

 あの青を手に入れられたら、それはつまり巨万の富を手に入れることになるんだろうなあ。と、去年の夏にメロが言ったのを、そんな考えで崇高な色を汚すなよ、と勇ましく返したけれど、借金を抱えることになった今となっては二度と同じことは口に出せそうにないな、とペシェは思った。

 借金といったって、たった300ベラだけれど、春に12歳になったばかりでお小遣いは月に10ベラの少年にとってはかなりの高額と呼べる。

 古い石畳の時計広場には、ペシェしかいなかった。大通りに近いところに綺麗な噴水広場があるのに、わざわざこんな裏手の広場に、真夏の昼間からやって来ようという物好きはいない。だからこそ、ひとりになるにはうってつけの場所ではあったわけだが。

 どうしたらいいんだろう、とペシェは空を見上げた。本当は下を向きたかったけれど、そういうときこそ上を見ろ、と誰かが言っていたのを思い出したから。

 吸込青の、空。自分も吸い込まれそうだ、と思った。

 けれども、その空は今日に限っては、吸い込まずに吐き出すことにしたらしい。

 空の奥の奥に、針の穴ほどの点が見えたと思ったら、どんどん、ぐんぐん、大きくなって、そして。

 

ズァ、と風の音をさせて、女の人がおりてきた。

 

 この人に、裁かれるのかもしれない。

 不意に、そんな考えが浮かんだ。風がペシェの前髪を持ち上げて、額をなでて、爽やかな香りが鼻をくすぐった。右肩からナナメにさげた帆布製の鞄の紐を、しらずしらずのうちに両手でぎゅっと握っていた。

 そのひとは、少し青みがかったように見える黒髪をもち、それは肩の上で跳ねていた。伏し目がちな横顔で、わずかに微笑み、膝上まである長いブーツに包まれた脚で、石畳の上におり立った。

動きのひとつひとつが、輝いて見えた。

「……ここは」

 横顔のまま、そのひとは言った。

 幻を見ているのだ。そう思った。だから、ペシェは安心して見惚れた。

「ここは、どこかな?」

「えっと……っ」

 どこ、という疑問形の言葉に、ペシェは咄嗟に反応してしまった。すぐに喉に詰まってしまったその声で、横顔が正面になった。驚きを示す、見開かれた目は、黒い瞳をしていた。ペシェがそこにいると、初めて気がついたみたいだった。

「あっ……」

 ひとりごとだったんだ、とペシェは勘違いを悟った。それと同時に、幻ではなかったんだ、とわかった。

「あらら。見られちゃったのかぁ」

「あのっ、だ、誰にも言わないから!」

「えぇ?」

 女の人が、笑った。急に、女の子、に近くなった。

「言ってもいいけど、きっと誰も信じな……っていうか、驚いてないね、少年」

「驚いてるよ!」

 充分、驚いている。ただ、その驚きをどう表現したらいいかわからないだけだ。

「それは失礼」

 面白そうに笑う顔は快活で、やはり幻とは思えなかった。思えなかったけれど、それでも、ペシェは、尋ねずにはいられなかった。

「……生きてる、よね?」

 女の人は、あっはは、と大きく笑ってから、三歩でペシェに近づいて、右手を差し出した。随分といろいろな物をぶら下げているらしい、ごついベルトがジャラ、と鳴る。

「生きてるよ」

 声は優しかった。けれども、力強かった。ペシェはちょっと、息を飲んだ。

「あたしは、モモ」

「……僕は、ペシェだ」

 ペシェは、差し出された手を握った。握手、というものをきちんとしたのは初めてのような気がした。モモの手は、ペシェが知っている女の人の手よりも硬い手だった。

「モモはどうして、空から……」

「え?んー、異世界人だから」

 明らかに適当言いました、という感じで、ペシェはムッとした。空からおりてきたときにはよくわからなかったけれど、こうして近くで見るとモモはまだ十代のようだった。少なくともペシェの母親よりはだいぶ若いはずで、ペシェを子ども扱いできるほどの大人には見えなかった。

「怒らないでよー、この説明が一番手っ取り早いの」

 モモが眉を下げた。あっつ、と額の汗を手の甲で拭うしぐさは、人間にしか見えない。

「ねえ、トクラナって知ってる?」

「へ?」

「ううん、なんでもない」

 真剣な面持ちで口に出されたのは不思議な単語で、さっぱりわからずペシェが首をかしげると、モモはカラリと笑って、さあて、と伸びをした。

「異世界人だからさっぱりわからないもんで、教えて欲しいんだけど。ここはどこ?」

「どこ、ってパニーだよ」

「パニー?それは都市の名前?それとも国?」

 ペシェはびっくりしてしまった。空からおりてきたことよりも、こんな質問を大真面目にしてくる方が驚きだ。

「街の名前だよ、テーブ国グーシュ州パニー」

「えっ、テーブ国?え、ねえ、もしかしてさ、隣国にキャンデーラ王国ってない?」

「キャンデーラ王国はまあ、近いと言えないことないけど、フェンスタ共和国を挟んでるから隣じゃないよ」

「フェンスタ共和国!」

 叫ぶように言ったかと思うと、モモはハーッ、と大きく息を吐いてがっくり肩を落とした。

「またかー。また第6球なのかー。なんでなのかなー……。あたし第130球に跳びたかったんだけどなー」

 モモの落胆のわけがわからなくて、ペシェはただぽかん、としてしまう。もしかして、結構変な人なのかもしれない、と思った。いや、登場の仕方からしてすでに変な人ではあるのだけれど。それでも不思議と、恐怖のようなものは感じなかった。

 しょーがないわとりあえず、とモモは呟いてベルトに括りつけてあるらしいポーチのようなものから、使い古したように見える皮の手帳を取り出した。

「あー、そうだった!ここじゃリストもこの形なんだった!移動は基本徒歩だし!デンキないし!もちろんモニター類もない!不便!面倒!!」

 大げさに嘆くと、手帳は開かずに、ペシェに向き直った。

「ペシェ、もう一つ教えてくれる?この辺に、宿泊施設はある?」

「お、大通りにホテルが何軒かあったと思うけど……」

「ありがと。結構大きな街なんだね、パニーって」

 さっきの落胆ぶりが嘘のように、モモはにっこりした。たぶん、ペシェに向けるための意図的な笑顔だ。そうはわかっていても、ちょっとドキリとしてしまう。さーて、と呟いてモモがきょろきょろした。

「ん、あっちかな。じゃあね、ありがとう、ペシェ。良い夏をね」

 片手をひらっと振って、モモは歩き出した。

 その背を、見た瞬間に。ペシェの胸に名案が閃いた。

「待って!」

 まるで叫ぶように呼び止めた。

「ん?」

 振り向いたモモの目が、ひどく静かで、ペシェは少し怯んだ。

「え、と……、モモは、このへん、初めてなんだろ?」

「うん、まあそうね」

「案内する人、いらない?」

 精一杯、平然とした顔を作っているつもりだった。普段から〝仕事の交渉〟をしているように見せなければ。

「僕を雇わない?安くしとくよ、モモは可愛いから」

「雇う、ねぇ……」

 モモは目を細めてペシェの全身をとっくり眺めた。

「見たところ、まだ学校に通ってる歳じゃないの?」

「今、夏休みなんだ。……夏休みは稼ぎ時なんだよ、ウチは裕福じゃないから、生きてくためには働かないと」

 必死に言い募るのをモモは眺め続けていたけれど、ふうん、と息を吐くように言ってからちょっと肩をすくめ、さっきしまったばかりの皮の手帳を取り出した。

「第6球……、テーブ国……。あ、あるじゃん。運がいいんだか悪いんだか。折角来たし一仕事してきますか」

 つぶやきつつ、モモはペンで手帳に何か書き入れ、よし手続き完了、と言ってペシェを見おろした。さっきまで対等に思えていた立ち位置が、はっきりと変わったのを感じた。

「雇ってもいいけど、あたし、無駄使いが嫌いなの。お値段次第ってとこね、おいくら?」

「300ベラ」

「えーっと、ベラはドル換算とだいたい同じだから……。んー、それは一日の金額?悪いけど、その金額じゃとても雇えないね、魔法でも使えるんならともかく」

「い、五日間の料金だよ!五日間で300ベラ!」

 慌てて適当に付け加える。五日間で300ベラ、というのが案内料として適切なのかどうかわからない。

「ふうん……。決して安くはないけど、ま、それならいっか。明日からで構わない?」

「も、もちろん」

「じゃあ、明日の朝8時、もう一度ここで」

 モモは簡潔に言って、あっさり背を向けた。今度こそ去って行く彼女を、ペシェはぼんやり見送って……、そして、小さくガッツポーズを取った。

 

※次回更新は11/1の予定です。

『カグの樹の脚』~世界間を跳ぼうプロジェクト~

 「ジャンパー」という、あらゆる世界を旅して物品や情報を集める仕事をする者たちがいる。モモは、そうしたジャンパーのひとりである。世界の間を跳びながら、彼女には探したいものがあった……。

 

 紺堂カヤのファンタジー小説『カグの樹の脚』。

 2015年、つばめ綺譚社より部数限定、期間限定で冊子刊行しておりました作品です。完売につき、お目見えが途絶えておりましたが、このたびWeb連載にて復活する運びとなりました。さらに、シリーズ化し新作も順次公開予定です。

 『カグの樹の脚』の世界観を少しでも体感しながら読んで頂けたらと思い、シリーズ作品1作ごとに掲載場所を分け、発表する予定にしております。

 現在予定している作品名と発表媒体は以下の通りです。

 

はてなブログ版 『カグの樹の脚』……ここです。シリーズ第一作。

                  月2回更新にて2017年5月全編連載完了予定。

 

カクヨム版『カグの樹の脚~雨音モノクローム~』……シリーズ第二作。

                         2017年夏連載開始予定。

 

新都社版『カグの樹の脚~紫煙に浮かぶ面影~』……シリーズ第三作。

                        2017年冬連載開始予定。

小説家になろう版

『カグの樹の脚~クロスステッチは金と銀~』……シリーズ第四作。

                       連載開始時期未定。

 

※タイトル、連載時期等、変更になる可能性がございますのでご了承ください。

※第一作以外は、どの順番で読んで頂いても問題のない内容とする予定です。

 

第一作の連載開始は2016年10月20日の予定です。

 

どうぞ『カグの樹の脚』における、世界間の旅を、楽しんでいただけますように。